Astraiosイングランド 大海戦情報

大航海時代Online公式BBSより、2011/4~2017/9開催分 Astraios/Euros/Boreasイングランド主戦の大海戦に関するログの一部を転載しています。不都合がある場合はすみやかに非公開にしますので該当記事のコメントにてご連絡ください。

2021/2/26~28 カサブランカ大海戦 参戦御礼

今回のカサブランカ大海戦に参戦された両軍の皆様、おつかれさまでした!

個人的には、しばらく他陣営同士の大海戦に参加していなかったこともあり、3日間とも近年まれに見る「やりたい放題状態」でめちゃくちゃ楽しかったです。最終日も中型中盤に全要塞を陥落することができましたし、MVPも最終日は英連盟から出ております。(しかもN狩り専門ではなく、途中までは要塞陥落部隊でした!)総合的な勝利ポイントにおいては、2日目の結果が響いて記録上は敗戦ですが、ここまでの戦果をあげておいてそれ以上を望むのは贅沢でしょう。最終日の状況からすると、2日目にファロからではなくカサブランカから回っていれば陥落できたかもなあ、あと150p詰められたかもなあ、偵察艦として少しでも状況を見に行くことくらいはできたはずだ、と若干の反省はありますが。

今回、両陣営ともに参加者が減っている中で、英連盟では多数の工作艦隊が、しかも工作だけではなく敵構築の捕捉や要塞砲撃までマルチに活躍していたのが要塞戦の勝因ですね。いつもなら工作である程度ステータスを削り、対人艦隊さんにも大々的に集合をかけて砲撃をかけていたので、敵対人も必然的に集まることにつながり工作や砲撃の妨害を生んでいました。今回はあまり集合指令を出さなかったので、敵対人による工作や砲撃の妨害も少なく済んだのが良かったです。もちろん、これは対人艦隊さんも「敵対人をひきつける」という役目で要塞戦に大いに貢献された、ということを意味します。

ただ、今回の状況を決して他人事と捉えてはいけないな、と背筋が寒くなる思いもしました。ブリテン島本土防衛海戦で逆の状況が生まれ、次々と領地が陥落させられる状況を思い浮かべるとゾッとします。今回の戦果に驕らないようにしたいものです。

なお、今回の結果をうけて、ポルトガル領地への投資が可能になっています。ほどほどにお願いしますね!ヴィアナドカステロのトマトは8.5Mです!

  • ヴィアナドカステロ・オポルト:3/7(日) 23:59まで
  • ファロ:3/4(木) 23:59まで (WCでは3/3と案内しましたが確認したところ3/4でした)
イングランド及びオスマントルコ
Astraios・Eosともに全キャラクター可
ネーデルラントヴェネツィアイスパニア
連盟投票でイングランドに投票した方(実際の参戦の有無は関係ないはず)
フランス
当日イングランド側で参戦し、戦功を1以上挙げた方

【次回の大海戦】

Astraios
3/17(水) 候補港発表 → 3/26(金)~28(日) 大海戦
Eos
3/10(水) 候補港発表 → 3/19(金)~21(日) 大海戦
 

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。